各社排卵日検査薬の感度の違い

各社の排卵日検査薬の感度の違いを表にまとめました。
検査薬を選ぶ際の目安になるかと思います。

 

なお数値が低いほど感度は高くなり
LHの分泌が少ない方でも対応できるものになります。

 

 

商品名 感度
ドゥーテストLH

(ロート製薬)

7本入り・12本入り

排卵検査薬,感度,判定,見方,陽性,陰性,LH,濃度 尿中LHの検出感度は30IU/L
P-チェック・LH

(ミズホメディー)

7本入り

排卵検査薬,感度,判定,見方,陽性,陰性,LH,濃度

最小検出感度10IU/L


・スコア1
(検出窓にラインが1本)
10IU/L

 

・スコア2
(検出窓にラインが2本)
30IU/L

 

・スコア3
(検出窓にラインが3本)
100IU/L

 

チェックワンLH・U

(アラクス)

5本入り・10本入り

排卵検査薬,感度,判定,見方,陽性,陰性,LH,濃度 尿中LHの検出感度は40IU/L
チェックワンLHデジタル

(アラクス)

5本入り

排卵検査薬,感度,判定,見方,陽性,陰性,LH,濃度 尿中LHの検出感度は40IU/L

 

 

各社の排卵日検査薬の感度は上記表のようになり
感度が一番良いのは「P−チェックLH」になります。

 

感度の良い順にランキングをつけるなら、

 

1.P−チェックLH
2.ドゥーテストLH
3.チェックワンLH・U / チェックワンLHデジタル

 

ということになります。

 

 

LH濃度には個人差があり、
日頃からLHの分泌量が少ない方や、逆に多い方もいらっしゃいます。

 

感度の面で判断すると、P-チェックLHが最低検出感度が低く、
LHの分泌量が低い方でも対応可能になります。

 

また分泌量が多い方であれば
チェックワンシリーズの検出感度が
40IU/Lであるのでこちらがいいかと思います。

 

個人的な意見では、判定結果が分かり易い
P-チェックLHでまずは試してみるのがいいかと思います。

 

【関連記事】
判定時間と判定結果の見方


<スポンサードリンク>