各社の排卵日検査薬の違いを徹底比較

 

各社の排卵日検査薬の感度・価格等の違いを、分かりやすく表にしてみましたので、検査薬を選ぶ際の目安にしてください。

商品名 価格 感度 評価
ドゥーテストLH

(ロート製薬)

7本入り・12本入り


排卵日検査薬,ドゥーテストLH,p-チェックLH,チェックワンLH・U,チェックワンLHデジタル,感度,比較,違い

7本入り

2,700円(税抜)


12本入り

3800円(税抜)

25IU/L お勧め度:★★★★★

・価格が7本で2,700円程度と安く、感度も中程度で初心者でも使いやすい。

P-チェック・LH

(ミズホメディー)

7本入り


排卵日検査薬,ドゥーテストLH,p-チェックLH,チェックワンLH・U,チェックワンLHデジタル,感度,比較,違い

7本入り

3500円(税抜)

最小検出感度

10IU/L

お勧め度:★★★★☆

・7本入りで3,500円と価格が割高。


・感度が良いので、LHの分泌量が少なくても判定が可能。

チェックワンLH・U

(アラクス)

5本入り・10本入り


排卵日検査薬,ドゥーテストLH,p-チェックLH,チェックワンLH・U,チェックワンLHデジタル,感度,比較,違い

5本入り

2200円(税抜)


10本入り

3500円(税抜)

40IU/L お勧め度:★★★☆☆

・1箱に5本しか入っていない(少ない)。


・感度が低いため、人によっては充分な判定ができないケースもある。

チェックワンLHデジタル

(アラクス)

5本入り


排卵日検査薬,ドゥーテストLH,p-チェックLH,チェックワンLH・U,チェックワンLHデジタル,感度,比較,違い

5本入り

3500円(税抜)

40IU/L お勧め度:★★★☆☆

・1箱に5本と少なく、価格も割高。


・感度が低いため、人によっては充分な判定ができないケースもある。


・結果がデジタルで表示されるので、判定に迷うことがなく分かりやすい。

上記の表でお分かりいただけるように、価格面での一番のお勧めは「ドゥーテストLH」です。

しかし、人それぞれLHの分泌量やLHピークから排卵までの時間が異なりますので、基礎体温などと併用して、自分に合った検査薬を使用してください。


基本的には、まずは「ドゥーテストLH」を使用してみて、たとえば「7日間すべて陽性だった」「LHピークがいつなのか分かりにくい」場合は、次回は、少し感度の低い「チェックワンLH・U」を。


逆に「7日間すべて陰性だった」場合は、感度の良い「P−チェックLH」を試してみると良いと思います。


ただ、これはあくまでも一般的な使用法ですので、充分な判定結果が得られない場合は、一度婦人科を受診することをお勧めします。


<スポンサードリンク>