排卵日検査薬を使用する前に注意する事

 

検査をする前に確認しておくこと

 

排卵日検査薬を使用するにあたり、
次の方々は正確な判定ができない可能性があります。

 

1.分娩、流産、中絶直後である

 

2.不妊治療のための薬を服用している

 

3.内分泌障害がある場合

 

4.hCG産生腫瘍がある場合

 

2.3.4の場合は、排卵日検査薬を使用する前に
主治医とご相談されることをお勧めします。

 

分娩、流産、中絶後間もない方は
最初の生理が終了した後に検査を開始してください。

 

 

検査開始日を決める

 

検査開始のタイミングは、
次の生理開始予定日の17日前というのが一般的です。

 

生理周期が不規則な人は、
直近の2〜3周期の中で1番短かった
周期をもとにして開始日を割り出してください。

 

なお、排卵日検査薬のメーカーのwebサイトで
検査開始日を簡単に計算できるページがありますので
そちらをご利用されると良いと思います(非常に便利です)。

 

⇒http://www.rohto.co.jp/dotest/calculate/

 

 

 

毎日の測定時間を決める

 

次の生理開始予定日の
17日前から、1日1回検査をします。

 

1日のうち、いつ検査しても良いのですが
毎日ほぼ同じ時間帯に検査するようにしましょう。

 

 

検査薬を使用する日の注意事項

 

排卵日検査薬は、
おしっこの中の黄体形成ホルモンの量を測定します。

 

検査前の多量の水分摂取や、
多量の発汗をともなう運動等は控えてください。

 

尿中のLH濃度が変化し判定に影響する場合があります。

 

 

市販のお薬は飲んでもいい?

 

風邪薬、頭痛薬などの
市販のお薬が検査薬の判定に影響を及ぼすことはありません。

 

 

飲酒、喫煙、コーヒーなどの影響は?

 

アルコールの摂取が、
LHの分泌量に影響することはありませんが、
たくさん飲酒してしまうと体内の水分量が急激に変化するので、
正確なLH濃度が測定できない可能性があります。

 

カフェインも同じです。
コーヒーや緑茶などの飲みすぎには気をつけましょう。
喫煙も影響はありません。

 


<スポンサードリンク>